研究ノート

住まいづくりの考え方を設計・施工・住まい手目線など様々な視点でわかりやすく紹介

小さな敷地で、豊かに暮らす

建物は、定められた敷地の中で
周辺環境や近隣との関係を
視野に入れながら
建てられています。

区画された一般的な住宅地では
特に近隣との関係を注意しながら
進めることが大切です。

シンケンの住まいづくりは、
その与えられた条件の中で、
先ず、居心地のいい場所は
どこかを見極める事から
始めます。

近隣の視線を気にすることなく、
窓を開け放つ。
冬の日差しを浴びる。
夏の日差しを遮る、
そして隣家との目線を和らげる。
植栽で 季節の移ろいを楽しむ。

その為の適度な外部のスペースを
確保して 草花を育てる・・・、
などなど。

決して広くない敷地でも豊かに
楽しく生きることを諦めない。
シンケンの住まいづくりの原点です。

 

写真上:31坪の敷地に建つ家
写真下:24坪の敷地に建つ家

インデックス