設計思想

ふだんを、
いちばんの幸福に。

人生の真ん中には、
毎日続いていく生活があります。
ふだんの生活が幸せなものであれば、
人生はとても豊かなものになるはず。

だけど、多くの日本人は、
旅行やレジャー、
ご馳走を食べに行く日など、
家の外で過ごす特別な日だけを
幸せな時間だと
思いがちではないでしょうか?
本当は、
家の中にこそ大切にしたい時間が
あるべきだとシンケンは考えます。

生活の中で美しい四季を味わえ、
毎日いろんな幸せが訪れる家を
“つくる”こと。
年月を経て成長する姿を
楽しみながら、
親から子へ末永く受け継がれる家を
“育てる”こと。
そうすることで、
特別な日ではなくても、
ふだんの生活が
家族の幸せになってほしい。

"つくる"と"育てる"
そこに私たちが伝えていきたい、
日本の家への願いがあります。

自然を取り込む

開く 閉じる

楽しく豊かに
生きるための工夫

開く 閉じる

いつまでも
愛され続ける家をつくる

開く 閉じる