2019.04.04

自由になる家、もっと。

陽射しが心地よく、春の訪れを感じています。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

新学期も始まり、お子様の進学や就職、ご家族の転勤など
変化が訪れた方が多いのではないでしょうか。

〝来年は子どもが進学するから〟
〝就職するから〟など
『家族の変化のタイミングに合わせて』
この時期に、住まいづくりを考える方が多いと感じています。

〝永い人生、ご家族の構成は変化していきます〟
見落としがちですが、私は住まいづくりで最も重要だと考えています。
これから生涯、住む家。
実はご家族で過ごすより、ご夫婦で暮らす時間の方が長かったりします。

〝本当に子供部屋が必要か?〟
〝そんなに大きい住まいが必要か?〟
永い人生です。
ご家族でじっくりと話し合う時間も必要ですよね。

071a2510kai

自由になる家、もっと。

シンケンの家づくりの考え方の、一部です。
〝間取り〟は自由に変化できた方がいい。
〝壁は自由にしつらえられた方がいい〟
家族構成や考え方の変化に対応し、自由に永く住める住まいです。

そんな住まいが次々に完成しています。

甲斐 拓

おすすめコラム