新川 友梨香

しんかわ ゆりか

「惚れ惚れする家」を作る
お手伝いをさせていただきます

私が5歳の時に建った実家は、シンケンの家です。

miyanojyo

緑があふれるアプローチ、季節の風景がひろがる大きな窓。
そして何より、どの家よりもかっこいい外観!
小学校の通学路にある我が家は、少し有名な家でした。
「私の家、とってもいいでしょ〜」「この家に住んでいるのは私だよ〜」
と、通りがかる人に自慢したくなるほど、我が家が大好きでした。

家族を近くに感じられるつくりになっていて、
子供部屋は、大部屋を簡単に仕切って、姉2人と仲良く3等分。
寝る時だけしか子供部屋に行くことはなく、
いつも1階のリビングで家族と過ごし、勉強もリビングでしていました。
(流石に受験勉強の時は、親に言われて渋々個室で勉強しましたが…笑)

ある日、友達の家に遊びに行くと、鍵付きの子供部屋。
勉強机はもちろん、テレビまでありました。
「あれ、なんでみんなの家は私の家と違うのだろう?」

そんな小さな疑問から、シンケンの家づくりに興味を持ち始め、
中学生になる頃、父と一緒にシンケンの見学会へ。
何度か訪れるうちに、将来はシンケンの家づくりに参加したい!と思うようになりました。
そして、大学は建築の道に。

大学生活、初めての一人暮らし。部屋は寒いし、床が冷たい。
「床があったかいのは普通じゃないの?スリッパって普通履くものなの!?」
「お風呂から上がったらこんなに寒いのか」と、たくさん衝撃を受けました。
私は、なんて贅沢な環境で育ってきたのだろう?
シンケンの家って、当たり前じゃないんだ!

恥ずかしながら、その時やっと、シンケンの家が特別なんだと気づきました。
私の中での“家の当たり前”は、シンケンスタイル。それは大きな勘違いだったようです。

卒業後、晴れて憧れのシンケンに入社し、
現在は、設計室で3D・ウォークスルームービーを作成しています。

ムービーを作りながら、私はこんなことを考えています。

シンケンのことを知らない人に、シンケンの家の良さを知って欲しいな。
街中にあるシンケンの家を見て、「あ、あの家なんかいいな」と思って欲しいな。
私の幼い頃と同じように、自宅を自慢したくなる気持ちになって欲しいな。

そして何より、毎日の帰り路に我が家をみて惚れ惚れする、そんな家を建てて欲しい!

私たちと、惚れ惚れする家を、一緒に作りませんか?

071a1941kai

2021年に我が家が完成。外観はもちろん!かっこよく、
心地いい風が抜けて、窓から美しい山並みを望む、最高のお家です。
ぜひ遊びに来てくださいね。

071a3160kai
生まれた年 1992年
星 座 かに座
血液型 A型
入社年 2015年4月
シンケン歴 8 年目
経 歴

鹿児島県宮之城出身

東京の大学の建築学科を卒業
 ↓
2015年~ シンケン設計室

資 格 二級建築士、宅地建物取引士
家族構成 夫、長男
趣味・特技 おいしいご飯を食べること