2019.08.08

エコなスローライフを考える

今年の夏至は6月22日でした。
夏至は、一年でいちばん昼が長い日のことを言います。
近年、夏至と冬至の日には世界中で、環境を想う日ということで、
電気を消して暗闇を楽しんだり
キャンドルを灯して、夜を楽しむ
スローライフを呼びかける日となっているようです。

さて、夏至が過ぎると本格的に夏の到来です。
シンケンでは、暑い夏をいかに涼しく、
快適に過ごしやすくするか…真剣に取り組んでいます。

シンケンスタイル実例集、大好きな、ばあばの家
まずは設計上の工夫。
一、夏の日差しを室内に入れないように、軒を深くする
一、落葉樹を植えて、木陰をつくる

そして、すべての家に取り入れているソーラーシステムも活躍します。
一、屋根の熱を排気することで、室内を涼しく保つ
一、夜、放射冷却で冷えた屋根下の空気を、床下に取り込む自然冷房

シンケンスタイル実例集、大好きな、ばあばの家
自然の力を活かす知恵をそのまま実践しているシンケンの家は、
エコなスローライフの精神そのものだと思います。

ぜひ見学会で、夏の暮らしを体感してください。お待ちしています。

橋本仁

 

*ソーラーシステムの、夏のはたらき

シンケンでは、すべての家にソーラーシステムを採用しています。
これは太陽熱などの自然エネルギーを利用して、
家の中の空気を快適に保つことができる仕組みです。

夏場、昼は室内の熱い空気を常に排気して、
家じゅうの空気を緩やかに動かし、熱を溜め込みません。
夜は屋根面で発生する放射冷却による
ひんやりした空気を床下へ送り、さわやかな空気を循環させます。

夏だけではなく、もちろん冬も働きます。
冬は屋根で集めた熱を床下に送って、足元からポカポカ。
とっても快適です。

いつの時代も変わらない自然の心地よさを
住まいに取り入れること。
それが環境にやさしい住まいづくりの基本だと
私たちは考えています。

そよ風_cs2
そよ風_cs2-2

 

おすすめコラム