2019.05.28

階段は、家族のあいさつ通り

5月の連休のあいだは家のことをあれこれとするつもりでしたが、
少し庭の手入れをした程度で、あとはぼけ〜っと過ごしました。
本を読んだり、息子と並んでただ外を眺めたりと、そんなひとときも いいものですね。
心からリラックスできた気がします。

すっかり一人で階段の昇り降りができるようになった3歳の息子は、
毎朝降りてくる途中で立ち止まり「おはよう」とキッチンに立つ妻にあいさつをしてくれます。
就寝前には、食卓に居残る私に「おやすみ」と声をかけ、
てくてくと階段を上がっていきます。



なんてことない事のように思われるかもしれませんが、
その様子を見ていると、なんとなく”いい子”に育ちそうな予感がします♪

それは、自然と挨拶が生まれ、何気なく家族の様子がうかがえるところに
階段が置かれているからなのかもしれません。

階段は「どこに在るか」でその役割が大きく変わってきます。
各階をつなぐためだけであれば、玄関を開けてすぐ目の前にあってもいいのかもしれませんね。
しかし、家は ”情愛を育む” 場です。
その中において階段にも、人と人の心をつなぐ役割を担ってほしいなと願い、常々設計しております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
家族をつなぐ、楽しい階段。
見学会に、たしかめにいらしてください。

内田 祐輔

 

おすすめコラム