日ようのエッセイ

ふだんを、いちばんの幸福にする
家と暮らしの大切なこと

春と夏の家暮らし。

 春は窓辺。空気集熱ソーラーシステムがある家には、春がひと足早くやってきます。太陽のあたたかさで床暖房をするシステムなので、足元はいつもほっこりとしていて、寒さが落ち着いてくると自然に窓を開けたくなります。窓をあければ外の風や光は、もうすでに明るくやわらか。木々も芽吹きの準備が整い、小鳥のさえずりもあちこちから聞こえてきます。自然に寄り添って暮らす人は、季節の変化に敏感です。

 夏は庭へ。南の庭には落葉樹を植えて木陰をつくり、涼しく過ごしましょう。北の庭には影ができるので、この場所を上手に使って外遊びを楽しみましょう。ウッドデッキも北側につくると、外に出る遊びが楽しい夏には重宝するでしょう。

 夏の部屋暮らしは、自然とうまく付き合って快適に。空気集熱ソーラーシステムがあれば、昼間は家の中の暑い空気を外に排気して、夜間は屋根の放射冷却で冷えた空気を家に取り込んで、爽やかな環境を保ちます。自然のエネルギーを生かした快適に暮らしです。

 

  scroll